高島平クリニック

当院で取り扱う分娩形式

自然分娩、無痛分娩、計画分娩

理想的な分娩とは

 分娩予定日の前3週間、後2週間以内の妊娠週数で陣痛が訪れ、数時間から十数時間の経過で、 わずかの分娩介助により発育順調な赤ちゃんが出産になることを意味します。したがって、分娩進行中、 出産時、出産後を通してお母さんと赤ちゃんに及ぼす影響を最小限にしたものが理想的な分娩といえます。 分娩の主役であるお母さん、ご家族の方々、病院スタッフのチームワークと精神的な支えにより、 スムーズでゆとりあるお産にしたいものです。

自然分娩

 文字通り、陣痛が訪れてから分娩まで誘発剤、促進剤、麻酔薬といった一切の薬剤を用いることなく 進行するだけでなく、出産時に吸引分娩、鉗子分娩といった器具を使用することのない分娩です。 理想的な時間経過の中で、お母さん、赤ちゃん共に過度のストレスなくお産になることが大切な条件となります。

計画出産

 妊婦さん、または医療側の事情により、分娩予定日前後2~3週間以内の適当な日に、人為的に陣痛誘発剤を 用いて出産することをいいます。胎児発育が順調で、母体の産道の状態を含む分娩準備状態が良好なときに限られ、 自然分娩を準じたあるいはそれ以上の好結果が期待される場合に選択されます。過期産、破水、その他の医学的適応で 選択されることもあります。その利点としては、計画出産予定日に向けて準備ができ、不安が軽減される、または、 病院まで遠方の方や、急速分娩の不安感を解消できることなどが挙げられます。一方、注意点としては、 産道の準備状態が良くないときの陣痛誘発剤の使用や強すぎる陣痛が起きた際に、子宮破裂を起こし、母体、 赤ちゃんの容態が急変する可能性が、自然分娩よりも高くなることです。

ページのトップに戻る

無痛分娩

当院では1975年から硬膜外麻酔を用いた無痛分娩管理を実施してまいりました。2019年からは、プロトコール変更や、JALA(無痛分娩関係学会・団体連絡協議会、Japan Association for Labor Analgesia)加盟、また院外の第三者モニタリング(LA Solutions社)を導入し、より安全確実な24時間体制での無痛分娩の提供に従事しております。

当院で取り扱う無痛分娩は、硬膜外麻酔単独、硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔の併用、脊髄くも膜下麻酔単独の3通りがございます。分娩進行や麻酔効果に合わせて、個別化された麻酔方法が選択されます。
ご自身がつらい(痛みのレベルを10段階評価として、最大値を10とした際に、3〜5程度に達した)と感じた時の陣痛や内診所見を参考にして、開始されます。

● JALAサイト:JALA | 無痛分娩関係学会団体連絡協議会 (jalasite.org)
● LA Solutionsサイト:https://62solutions.co.jp/

ページのトップに戻る